◆訃 報◆

突然の事で、大変困惑しています・・・
実はポルシェクラブ九州の大殿純央さんが、8月末にご病気により突然ご逝去されました。
大殿さんは前回、201871日のDES-TAI EURO CUPにおいて、すばらしいバトルを
繰り広げ、ベテランらしい走りで、3台での激しいバトルを制して、トップに躍り出てみごと
激戦を制して優勝を勝ち取られました!!あの時の満面の喜び、ベストファイト!!忘れられません
20年を超えるDES-TAIの歴史の中でもまれにみる記憶に残る激走、ナイスバトルでした。
それからわずか1カ月!!まさかの出来事にあぜんとしました。
あの素晴らしい走りがラストランになろうとは誰も想像すらできなかったことです。
ここに哀悼の意を表し、モータースポーツへの熱い思い、そして今までDES-TAI に対する多大
なるご協力と貢献を頂いたことに、深く感謝し、謹んでご冥福をお祈りいたします。
      

 アパルーサDES−TAI事務局

 

 

今回は、非常に残念なご報告から始めなくてはなりませんでしたね、DES−TAIの歴史の中でも、今年ほど誰が勝つのか予想しにくいシーズンはそうはありませんでした。第1戦(5/4)はロータス2イレブンの藤本さん、そして第2戦(7/1)ではまだ記憶に新しい江本ケイマン、藤本ロータス、大殿911による三つ巴の大激戦、そしてそれを制したのは前回2位に終わった大殿さん、そして第3戦の今回は!?と参加者も観戦者もどういう展開になるか、ワクワクしていたんですが、まさか、こんなことになろうとは、だれが予想し得たでしょう。DES-TAI事務局に突然の悲報が届き、皆愕然としてしまいました。今回の参加者の皆さんも知らない人がほとんどでした。『大殿さん、次も期待してますからね、参加してもらわないと盛り上がらないし・・・』と8月初めに電話で話していたんです、『あぁ〜出る予定だから、今度はもう少し楽に勝ちたいし、面白かったけどあれはしんどかった!!』なんてお返事いただいていたんですよ、またロータスの藤本さんも『次回はストレートで抜かれないように今、エンジン組み直してるし、絶対負けないから!!』なんてライバル同士の意気込み、熱いバトルも始まっていたのに・・・。それから約1カ月、藤本さんから、どうしてもエンジンパーツが間に合いそうにない、今回は走れないという悲痛な連絡が、その時、大殿さんの訃報をお知らせしたんですが、それはもうビックリされて、好敵手であり、おなじDES−TAI戦士であり、なんとも言い難い事でした。もう一人のライバル、ケイマンGT4の江本さんも、当日聞かれて、凄く驚き残念がられて、また前回のバトルを思い出して『今までで一番エキサイティングで楽しいバトルだった、とてもさみしいし残念です』と、コメントされていました。

今回はそんなこんなで少々参加者も少なかったのですが、それでも皆さん、いざ走行が始まれば、気持ち良いエキゾーストノートを響かせて、広大なインターナショナルサーキットを存分に駆け回っておられました。そしていつものように、体験走行組も、EUROCUP組もコースに出れば、 各々エキサイティングな走りをしながらも、お互い気を使い、タイムアタックの邪魔にならないように、またベテランも安全な追い抜きをしていただいて、いつもながら大変マナーのいい走行を心がけて頂き。主催者として感謝にたえません。

そのフリータイムの30分もあっという間に終了!!皆さん、満足そうな表情でパドックへ引き上げてきます。
EURO CUP参加組のタイムは、今回ライバル不在で手持ちぶたさながら、江本K2スポーツケイマンGT4が2分06秒476で本日のトップタイム、赤い藤田NFSボクスターが2分08秒775でなんとポルシェボクスターのAT仕様で10秒切りです、そのあとはベテラン。築山NFSケイマン、西村NFSケイマンと上位はポルシェ勢が占め、今年5年ぶりにカムバックの白いケーターハム7の坂井さんが、だんだん走り方思いだしてきたのか前回より2秒近く縮めて続いています。昔は10秒切り当たり前、もうすぐ2分を切る!!と言うとこまで走りこんでいたんですからね、次回が楽しみではありますね、そして今回唯一のBMW、おなじみE46-332TRと言うツーリングボディーにM3の心臓押し込んだコンプリートBMWのシンゾウさん、AMG C63を駆る藤尾さん、いつも楽しいピカチューさんと、おなじみのメンバーがそろいます。
決勝はブランチタイムを挟んで午後2時からのスタートです!!

実は今回、今年のアパルーサレースクイーンを務めるこさめちゃんの特別ステージを用意していたんです

彼女はモデルでもあり、ミュージシャンでもあるんです、熊本を中心にライブ活動を行っており、DES-TAIのテーマソングを作ってきてくれました。それでお昼休みに、パドックで披露してくれました(^o^)/

 

 

いかがでした!?披露してくれた、『 DES-TAI 』 という曲も収録した、オリジナルCDを発売するそうです
是非皆さん、買って下さいね!!この日も「CD売ってないの?」と聞いてくる方もたくさんいらっしゃいましたしね
是非次回もまた機会があればステージに立ってもらいたいと企画を練っていますので是非ご期待ください
これがDES−TAIなんですよ、ただギンギンに走るだけのイベントではありません、インポート仲間が、サーキット仲間がみんな一緒にワイワイガヤガヤ、面白かデスタイ、こりゃ楽しかデスタイと喜んでいただけるのが一番の目的なんです
ですから参加もよし、応援も見学もよしなんです。今回もみさきちゃん応援団の皆さんが、沢山カメラかまえて、盛り上げてくれていました(^。^)y-.。o○

そしていよいよ、決勝の時間です。コースインして各車予選で定められた個々のグリッドに着いて行きます。一番緊張する時間かもしれませんね!?
でも今日は少し違うんです。実は本日のポールは敬意を表して参加者全員の総意で大殿さんの為に開けることになりました。それで予選トップタイムの江本さんは2番グリッドからのスタートと言う事になりました。
全車がグリッドに着いたところで、参加者全員がポールポジションに集まりました。そしてDES−TAI戦士のあまりにも早過ぎる死を悼み、あのブロックバード大殿さんの走りに思いをはせて、全員でしばし、黙とうを捧げました。
その為に、今回参加できなかった、ロータス2イレブンの藤本さんもわざわざオートポリスにはせ参じて頂きました、他のイベントの参加者の皆さん、九州のポルシェ乗りの先駆者、RS田中さんも是非黙祷に参加したいと駆けつけてくださいました。皆さん大変ありがとうございました

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さぁ〜ここからは気持ち入れ替えて、大殿さんと一緒に、いざ面白かDES-TAIの始まりデスタイ!(^^)!

いつものように、せわしないスタート前のグリッド風景です。トップタイムの江本さんはセカンドポジションからのスタート
そして江本さんは今日も二股!?失礼(^^ゞ 九州チャレンジと掛け持ち出場です。今日はセレモニーの関係で九州チャレンジ走った後にすぐ、DES−TAI EUROのグリッドに駆け付けてくれました。今日の上位3台はすべてポルシェ、そして911系じゃなくボクスターにケイマンなんですよね、しかし江本さん少々さみしそうです。あの前回7月のスーパーバトルをまた期待してのエントリーだったと思うのですが、もう1台のライバル、黄色いロータス2イレブン藤本さんもマシンの都合で不参加、あとは2番手赤いボクスターの藤田さんがどこまで迫れるか!?ということでしょう。またその後ろは少々激戦になるかも、2分12秒〜13秒台が3台ひしめきあい、その後ろではこれもある意味、ライバル関係なのか?
ここ最近、BMW(シンゾウ332TR)vsBENZ(藤尾AMG C63)の先陣争いが行われています。直線でそのパワーに任せて突撃するAMGにコーナーで詰めて詰めて、ここぞと言う機会をうかがうBMW、これもなかなか面白い戦いが毎回繰り広げられているんですよ!(^^)!、

そしてフォーメーションラップが終わり、各車一段とアクセルに力が入り、今か今かとレッドシグナルが消えるのを待ち、消灯と同時に、全速力で1コーナー目指してグリッドを蹴散らしてフル加速!!そして真っ赤なボクスターが真っ黒なケイマンのインを抑えて、最初に1コーナーをクリアーして行きました。
あとはいつものように、ドヤドヤガヤガヤ!?皆さん安全にそしてなるべく人より先にとクリアーして行きましたよ(^o^)/ やはりレースはスタートが一番面白いし興奮しますよね、みててもじぶんがその中にいても・・・
1周目ヘヤピンはポルシェの赤・黒・白の順で通過、そしていつものように、そのあり余るパワーでスタートダッシュ!!数台を抜き去っり、AMGも前方に進出です、しかしここからが辛い!?あまりにも思い車体にタイヤが悲鳴を上げる、これもいつものパターン、コーナーで必死に防戦して、ストレートで逃げる、という戦法でもサーキットはパワーだけではどうにもならないんですね、コーナーを過ぎるたびに、少しづつ、少しづつ、ツーリングボディーのM3がルームミラーに大きく映るようになってくる、そしてここからいつもの攻防戦!!向けそうで抜けない、ギリギリのバトルが展開されると言う事に、しかし皆さんちゃんとわきまえた走行で接触はありません、これは先頭グループも同じ、スタートで先を越された江本さんも、ついにトップに立って、あとは韋駄天走りで独走態勢に・・・、しかしわずか7周、されど7周!!いろんなドラマが凝縮されていますね
いつもながらみていて楽しいレース展開でした。
今回もシンゾウサン(BMW332TR)の車載お借りしていますので、どうぞご覧ください

 

 

と言う事で、DES−TAI第3戦、事故も無く、無事に皆さん走り切りました、何よりです(*^_^*)

今回の上位入賞の方々です!!

 

DES−TAI EURO CUP  第3戦

優勝 7) 

2位 16) 

3位 17) 

江本 玄K2スポーツGT4

築山 雄一郎 NFSケイマン  

藤田 竜樹 55G-NFSボクスター  

 と言う結果でした、2位の築山さんは予選からベストタイムを4秒近く縮めての激走でした、3位ながら
 藤田さんはオープンボディーのAT仕様で予選よりタイム縮めての走りでしたがわずかに及ばず、前半の
 激走も結果は少し残念!?ですか??、江本さんはライバル不在かと思いましたが、いやいやどうして皆さん
 ただでは済ませないんですね、とてもエキサイティングな戦いを見せていただきました。

 

それでは、次回11月18日DES-TAIフェスティバル EURO  CUP で、またお会いしましょうね
                                        by こさめ